ウェディングドレスの料金のからくり。ドレスの原価はほぼ人件費!?

皆様はウェディングドレスの予算としてどのくらいを予定されていらっしゃいますか?みんなのウェディングさんではこのようなデータが出ています。

ドレスレンタル料金のランキング
第1位 20万円以上25万円未満 27%
第2位 30万円以上 18%
第3位 25万円以上30万円未満 15%
第4位 15万円以上20万円未満 14%
第5位 10万円以上15万円未満 13%
第6位 5万円以上10万円未満 7%
第7位 5万円未満 6%

20-25万円の予算のからくり

20-25万円が一番多いとなっています。大まかに見ていくと多くの方は最低でも10万円以上は使っているという計算になります。もちろん業界のこのような相場は把握しておりますが、弊社の肌感覚として、お客様はウェディングドレスに使われている予算は5~10万円です。業界の常識とは違います。なぜなのでしょうか?

これは弊社をご利用頂くお客様が低予算を求められている方だからということではありません。これは弊社がお客様に「ドレスはご自身で自由にご用意頂いて構いません」とお伝えしているからです。これが「持ち込み料なし」ということです。

つまり新郎新婦様が自由にウェディングドレスをご準備されると5~10万円でほとんどの方がご用意頂けるのです。中にはもっと低予算の方もいらっしゃいますが、ウェディングドレスの質が悪いかと言えば全くそんなことはありません。勘が良い方はお伝えしたいことが分かってきましたでしょうか?

そうです。「20-25万円」という平均額はお客様が望んで購入した価格ではなく「買わされた価格」だからです。業界には「持ち込み料」という謎の文化があります。ウェディングドレスはもちろん、ヘアメイクさんも、カメラマンも、引出物も、お花も、ペーパーアイテムも、あらゆるものを勝手にご用意してはいけません、という文化です。

勝手にご用意されるのであれば持ち込み料を払ってくださいね、となります。ウェディングドレスの持ち込み料で5万10万になります。そんな背景があり仕方なく20-25万円の衣装を選んでいるデータが「ドレスレンタル料金のランキング」の結果なのです。

持ち込み料金を計算すると持ち込み料のかかる結婚式をされて「第4位の15万円以上20万円未満」の方よりも、ノンルーフリゾートウェディングのような自由な結婚式で「第6位 5万円以上10万円未満」のドレスを着ている方のほうが質の高いウェディングドレスを着ている可能性もありますね。

貸衣装の原価はほとんど人件費です

上記のような理由から20万円のドレスを着たからといって20万円の価値のあるドレスを着たかと言えばそれは?です。そして実は20万円の価値のあるウェディングドレスは世の中にそう多くはありません。

弊社はオーダーメイドのウェディングドレスやオーダーメイドのタキシードをお作りすることもできますが、その原価に20万円も使うようなことは100%ありません。そもそも一般的なドレス工場にそのような商品がないのです。原価10万円も存在しません。

実際価格競争が激しい楽天などのネットのウェディングドレスの価格を見てみると1万円前後でも大量に販売されています。

このくらいの値段帯で販売できるウェディングドレスがなぜこの業界で手配すると20万円もするのかと言えば、それは上記の持ち込み料と人件費です。決してドレス自体の価値ではないのです。

貸衣装人件費をゼロにしたら、ウェディングドレスは1万円で貸し出せます

ノンルーフリゾートウェディングと同じ会社のレンタルスペースATAATA HOUSE(三重県四日市市)ではウェディングドレスを¥10000~貸し出しております。ミニドレスなら¥5000です。この圧倒的な格安料金の理由は日本初の「セルフ試着」を取り入れているからです。

貸衣装業の人件費は概ね試着対応のコストです。試着のためにスタッフを配置することで、人件費がかさみ、どうしても貸衣装は売値が高くなります。そんなことからATAATA HOUSEのウェディングドレスセルフレンタルサービスでは試着をお客様ご自身にお任せしております。ウェディングドレスはお一人では着るのは難しいためご友人やご親族の方に、お手伝いをお願いしております。

お部屋にドレスをご用意し、ワイワイ自由に楽しく、好きなだけドレスをご試着頂けます。お店のスタッフに気を遣うこともありません。そのようなシステムにするだけで上記の様なお値段にすることができるのです。

是非ATAATA HOUSEのウェディングドレスセルフレンタルサービスをチェックしてみてくださいね。
http://yokkaichi.ataata.link/wedding-dress