挙式にこだわらない、挙式の有無さえこだわらないお客様が増えています。

先日「挙式のない新しい結婚式スタイルを考えています」と書きましたが、その背景には挙式に対してこだわりを持っていないお客様が増えているからです。例えば御食事会のほうが大切と明確に考えていらっしゃる方も多いですし、挙式や御食事会にこだわるというよりかは、両家で旅行に行くこと自体を大切にお考えの方も多いです。

そして中には挙式はなくていいとお考えのお客様もいらっしゃいます。ブライダル業界の中にはこのようなお考えを受け入れられない人も多いのですが、ノンルーフウェディングは違います。これを退化と考えず進化と考えています。

結婚式は何のためのもの?と問われれば、それは「感謝を伝える場」です。しかしそれ以外は自由です。何をしても良いのです。感謝を伝える場として式が必要であれば行い、必要なければ、挙式のない結婚式にすればよいでしょう。どちらが間違い、ということはありません。

しかし問題は業界が挙式をされない方の受け皿を用意していないのです。今、一つの受け皿としてお写真だけ残すフォトウェディングがあります。しかし、それだけでは足りないのです。感謝を伝える場として。

ノンルーフウェディングはそんな背景から「挙式のない結婚式」を創り上げようと考えています。乞うご期待下さいませ。