サイコーグアムウェディングからノンルーフリゾートウェディングへ名称変更しました

ご報告が遅れてしまいましたが、組織変更と沖縄やその他国内リゾートを扱うこととなり、これまで「サイコーグアムウェディング」という名称で営業してまいりましたが、今後は「ノンルーフリゾートウェディング(Nonroof Resort Wedding)」と名称を変更し営業を行ってまいります。

概ねのチェックはすでに完了しておりますが、サイトURLの変更などで、リンク切れなどがサイト内にある可能性がございます。ご容赦くださいませ。

名称変更に伴い、日本のみならず世界のリゾート地の情報にアンテナを立てて、これまで以上により良いサービスをご提供していくことをお約束致します。今後共どうぞよろしくお願いいたします。

さて、弊社がなぜリゾートウェディング専門として邁進しているか、その理由を少し書きたいと思います。誤解を恐れず一言で言ってしまうと、

リゾートウェディングは新郎新婦様の準備が非常に楽だから

です。一般的な地元の結婚式場で結婚式を行う形は新郎新婦様の労力をとてつもなく費やすことになります。衣装やヘアメイクはもちろんですが、ペーパーアイテム、引出物、音楽、催し物、お料理、席順… 数え切れないほどの準備が必要です。

この準備を楽しんでこなしていける方は問題がないのですが、毎日忙しく仕事をされている若いお二人ですから、この準備が喧嘩の原因になったりもします。労力だけでなく、お金も絡んでくることですから、お二人の意見がぶつかることはどうしても出てくるものです。

これがリゾートウェディングなら労力は半分以下になります。弊社の多くのお客様は打ち合わせ回数は平均2回のみです。これは弊社が制限しているわけではございません。ご希望であれば何度でも対応するのですが、その必要がさほどないのです。

この結婚式準備の楽さはお二人の摩擦を減らして、純粋に結婚式を楽しみにすることができ、当日も実際楽しむことができます。リゾートウェディングなら会場を決めて、旅行を取得して衣装を決めればほとんど準備完了です。

リゾートウェディングはご列席の方がいらっしゃっても少人数ですから、招待状など要りません。引出物も不要です。むしろグアムウェディングで引出物をお渡ししたらご迷惑になってしまいます。

ご親族だけなら席順もさほど気を遣う必要もありません。ときには席を決めずに好きなところに座ってもらおうなんていう御食事会も多いです。こんな風に古いしきたりのために汗を流すことはないのです。

古いしきたりに縛られないということは、お二人が真にやりたい結婚式を行うことができます。そうです、結婚式の本質を大切にできるのです。結婚式を真剣に考えていくと、お二人の結論として「式は必要ないのでは?」というお答えに辿り着く方もいらっしゃいます。

実は弊社もこれからの結婚式は「挙式のない結婚式」もあるべきだと考えています。これをサービスとしてどのようにご提供していくかはとても難しいのですが、近い将来、新しい結婚式の提案ができると思います。